商品ラインアップ
ATシリーズ
田七人参-粉末タイプ-
田七人参-姿品タイプ-
田七人参酒キット

Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。
田七人参トップ>田七人参Q&A

田七人参FAQ

そもそも「田七人参」ってなんですか?
田七人参は、「金不換」といわるほど、古来中国で、貴重なものとされておりました。

一部の王族、貴族でしか入手できませんでした。ある時期では、産出量も少ないことから、この貴重な田七人参の輸出を禁止していたほどです。田七人参は三国志で有名な諸葛孔明の名前をとった「孔明鍋」などにも使われております。紀元前より、田七人参は中国で食されてきています。
「準天然」の準ってなんですか?
田七人参は雨量や湿度、高山でしか生育しないなどの地理的条件が厳しい植物で、天然物の産出量はほとんどありません。

気候や風土が合わない為、日本での生育も不可能なのです。そこでレーベンスクラフトでは、自生に適した中国雲南省において、化学肥料・農薬を一切使用しない有用微生物群栽培(EM法)にて良質な土壌を管理し、自然に生育させています。天然に“準ずる”という意でレーベンスクラフトでは「準天然田七人参」と称しています。
田七人参20頭物・30頭物・60頭物とは?
田七人参の20頭物・30頭物・60頭物は、田七人参の粒の大きさの基準です。

20頭物が一番良いものとされています。田七人参の頭とは、田七人参一斤の重さの中に、田七人参が何粒入っているかとういう基準です。一斤に20粒はいっているものを20頭物といいます。一粒の重量は約平均25gです。30頭物は約17gとなります。20賜物の田七人参は、その大きさに育つまでに約7年かかります。それゆえ、算出量も少なく、田七人参20頭物は、貴重なものとされています。
「準天然」の準ってなんですか?
レーベンスクラフトの田七人参は、天然に“準ずる”という意でレーベンスクラフトでは「準天然田七人参」と称しています。

田七人参は雨量や湿度、高山でしか生育しないなどの地理的条件が厳しい植物で、天然物の産出量はほとんどありません。気候や風土が合わない為、日本での生育も不可能なのです。そこでレーベンスクラフトでは、自生に適した中国雲南省において、化学肥料・農薬を一切使用しない有用微生物群栽培(EM法)にて良質な土壌を管理し、自然に生育させています。

天然に“準ずる”という意でレーベンスクラフトでは「準天然田七人参」と称しています。
中国では残留農薬などの問題がありますが、大丈夫ですか?
全く問ございません。レーベンスクラフトでは、中国雲南省の現地契約農家において、EM栽培で管理しています。

原材料である田七人参を姿品で輸入する際には、入管の諸検査を受けております。また、国内で有名な製薬会社関連の工場で加工を施しており、安心してご利用頂ける商品をご紹介しております。
ページの上へ